1. ホーム
  2. 海外WiFi基礎知識
  3. ≫海外でのネット通信によるパケ死の原因

海外でのネット通信によるパケ死の原因

パケット死の請求書

海外旅行から返ってきたら、海外でのネット通信費用としてびっくりするほどの高額請求がキャリアから行われるのがいわゆるパケ死です。

パケ死の多くの原因は、ローミング通信を利用したために請求されています。このローミングとは、海外に行った際に、キャリアが提携している現地通信会社との通信に切り替えて回線を提供するサービスです。国内のキャリアの多くは多くの海外各国でローミングサービスを提供しています。しかも、国内で契約した段階でローミングがONになっているケースが多く、海外で気が付いたら勝手にローミング通信になっているケースが多くあります。

そのため、海外旅行にスマホを持ち出し、電源を入れっぱなしにしているとメールなどインターネットへの通信があるたびに料金が加算されていきます。中にはローミングのことを知らずに海外でも使えるからそのまま使っていたと言う方も居るようです。キャリアの高額請求を防ぐためにはローミングを切り、海外での通信は海外で用意されている通信にすることが大事です。方法としては現地でSIMを購入する、もしくはWiFiのみを利用することです。

現地でSIMを購入するにはSIMロックがかかっていないスマホを利用することが必要なので非常に敷居が高く、ある程度専門の知識も必要です。対してWIFIはIDとパスワードをもらい、自身のスマホに設定するだけなのでとても簡単です。海外WiFiの専用回線を持つことは通信料を定額化させてキャリアの高額請求を防ぐ最善の方法です。

現地でWIFIの契約をするのが面倒という方には国内で契約することも可能ですし、サービスによってはモバイルルーターごと借りられます。また、旅行者が多い場所については無料のWIFIを提供している場合も多く、SIMロックフリー機を買わなくても意外とインターネットには接続できることが増えています。海外でのインターネットはFacebookやTwitterなどのSNSには必須ですし、INSTAGRAMなどでは高解像度の写真が好まれるのでWIFIの利用は是非とも検討したいものです。

また、海外でスマホのOSアップデートなどは大量の通信量が必要になるので、渡航先では行わず必ず日本で実施しましょう。

 
ちなみにTwitterでのパケ死の生の声を紹介していきますね。


これから海外旅行に行く皆さんもご注意ください。

ユキ

キャリアによっては一定の通信料や通信費用を超えるとメールでお知らせしてくれるサービスもあるから、渡航前に事前に設定しておくと安心。

また、渡航先のホテルやレストラン、カフェでフリーWiFiなどを利用した際には、使用後にしっかりと通信を切っておかないとパケ死の原因に繋がる可能性があるので、十分に注意してくださいね。

シェアをお願いします。

空港別に海外WiFiの受取場所や営業時間など詳細を比較

おすすめ格安海外WiFiレンタル総合満足度比較ランキング

女性に人気の24時間サポートの格安海外Wi-Fi
Wi-Ho!(ワイホー)
5
運営会社株式会社テレコムスクエア
対応エリア数218ヵ国
Wi-Fiレンタル料390円~/日
空港での受け渡し対応可能
Wi-Ho!(ワイホー)
イモトのWi-Fi
イモトが宣伝部長を務める海外Wi-Fi
イモトのWi-Fi
4
運営会社エクスコムグローバル株式会社
対応エリア数210ヵ国
Wi-Fiレンタル料680円~/日
空港での受け渡し対応可能
グローバルWiFi
最短10秒 空港の専用ロッカーでレンタル可能
グローバルWiFi
3
運営会社株式会社ビジョン
対応エリア数253ヵ国
Wi-Fiレンタル料670円~/日
空港での受け渡し対応可能
4
エクスモバイルWiFi
エクスモバイルWiFi
3
運営会社エクスモバイル株式会社
対応エリア数179ヵ国
Wi-Fiレンタル料550円~/日
空港での受け渡し一部可能

本サイトで比較掲載している海外WiFiレンタルサービス一覧

海外WiFi総選挙で掲載している格安の海外WiFiレンタルサービスの一覧を掲載しています。これらのサービスから世界各国の国別にどのサービスが最も格安でコスパに優れているかを比較して紹介しています。

世界各国対応のWiFi通信量制限有サービス

1つのサービスで世界各国に対応している格安の海外WiFiレンタルサービスです。基本的に1日のデータ通信量に制限があります。

1各国限定のWiFi使い放題サービス

1つのサービスで1各国のみ対応している格安の海外WiFiレンタルサービスです。基本的に1日のデータ通信量の制限がなく使い放題のプランを選択することができます。