中国で使える海外WiFi

中国

通称中国ですが正式名称は中華人民共和国です。人口は13億8千万人以上と世界で一番多く、その数の力で著しい経済成長を遂げています。治安という意味では日本との関係はそこまで良好とは言えない状況ですので、旅行よりも中国進出を目論むビジネスマンの渡航は近年急増しています。

中国

そんなビジネスマンに人気中国でのおすすめの海外WiFiを紹介していきます。また1日の費用やコスパでの最安値も紹介していきたいと思います。(※各社キャンペーンなどで料金が変動する場合がございます。最新の料金を参考の場合は公式HPを参考にしてください。)

中国の最安値の海外WiFiレンタル料金を一目で比較

現在日本で人気の海外WiFiレンタルサービス5社の中国で提供しているサービスを徹底比較して、本当におすすめの格安海外WiFiレンタルサービスを検証しました。

サービス300MB350MB500MB1GB無制限公式サイト
WiFiボックス
WiFiボックス
××790円/日990円/日1,190円/日詳細は
こちら
jetfi
jetfi
×××1,280円/日×詳細は
こちら
WiFiトラベル
WiFiトラベル
××750円/日×850円/日詳細は
こちら
グローバルWiFi
グローバルWiFi
1,170円/日×1,370円/日1,570円/日2,070円/日詳細は
こちら
SakuraMobile海外Wifi
サクラモバイル
××××980円/日詳細は
こちら
海外用の格安WiFiレンタルサービス イモトのWiFi
イモトのWiFi
××1160円/日1,360円/日1,860円/日詳細は
こちら

中国旅行で海外WiFiがあるとこんなに便利!

中国WiFi利用者の口コミ

中国では政府の規制でFacebook、インスタグラム、LINEは使えない。また、YhaooやGoogleなどもアクセスはできない。VPNを利用して無理やり使用する方法もありますが初心者にはおススメできません。そのため、基本的には使うのはメールだけなので、そこまで容量の多い海外WiFiは必要ないかな。あとWiFiトラベルの海外WiFiは規制をすべて回避できるので良かった。

中国WiFi利用者の口コミ

WiFiトラベルが一択かな。あとその他であれば基本的にVPNを使えないのであれば、中国でネットに接続しても中国語が出来ないのであればほぼできることは無い。しかし、VPN接続で規制を回避できれば日本と同じようにSNSやウェブサイトも閲覧できますので、海外WiFiはあったほうが断然便利。ただ、GPS系アプリはVPNを使っても情報の取得ができないので中国での使用は諦めた方がよいでしょう。

中国WiFiの口コミ

天安門や万里の長城など中国は世界遺産の宝庫。インスタ映えするスポットはあるけどSNSは使えないので、海外WiFiが必須かといわれるとその点では不要。でも友人とかグループで渡航した際にははぐれるた場合に連絡手段がないとかなり困るので、その際には持って行った方が安心かもしれません。あと都心部を離れるとフリーWiFiネット通信はほぼ皆無と思ったほうが良いです。

通話・メッセージ系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
Eメール
Eメール
40960通/日61440通/日102400通/日143360通/日
LINE通話
LINE通話
333分/日499分/日833分/日1166分/日
LINE通話
LINEトーク(チャット)
40960回/日61440回/日102400回/日143360回/日
LINE通話
LINEビデオ通話
40分/日60分/日100分/日140分/日
SKYPE通話
SKYPE通話
372分/日558分/日931分/日1303分/日

WEB系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
ブラウザ
ブラウザ
867回/日1301回/日2169回/日3036回/日
YouTube
YouTube
95分/日142分/日238分/日333分/日
Google Maps
Google Maps
279回/日419回/日699回/日978回/日

SNS系アプリ

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
TikTok
TikTok
22分/日33分/日55分/日77分/日
インスタグラム
インスタグラム
16分/日24分/日40分/日56分/日
Facebook
Facebook
40分/日60分/日100分/日140分/日

ゲーム系アプリ

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
POKEMON GO
POKEMON GO
499分/日749分/日1249分/日1748分/日
モンスト
モンスト
1000分/日1500分/日2500分/日3500分/日
パズドラ
パズドラ
279回/日419回/日699回/日978回/日

中国渡航の基本情報

国名中華人民共和国
国旗中国
首都北京市
言語北方語、広東語、福建话など
国土面積9,634,057km2(日本の約260%)
通貨人民元 (CNY)
日本との時差2時間。日本の方が1時間進んでいます。
宗教仏教、キリスト教、道教、イスラム教で人口の10%以下。それ以外は無宗教。
チップ基本的にはなし
嗜好品ルールタバコ、アルコールの購入は18歳以上。
電圧及びプラグ 電圧は220Vで周波数は50~60Hz。プラグは日本と同じA型が一般的。ごく稀に一部にはC型やO型もある。
フリーWiFi状況中国の国政によってインターネット規制が強まっている為、北京にフリーWiFiスポットは他国に比べるとかなり少ないです。外資系ファーストフードやレストランチェーンや外資系ホテルなどではフリーWiFiは提供されています。なお、一部の店舗では中国の携帯電話でのSNS認証が必要になるケースも多く少し手間が掛かる場合もあります。なお、首都の北京市以外エリアに関してはフリーWiFiは基本的に無いと考えて問題ないでしょう。

中国旅行・出張のお役立ちリンク

・外務省海外安全対策情報(中国)

おすすめ格安海外WiFiレンタルTOP3

おすすめ1位

驚くほどに低価格に、驚くほどに簡単な海外WiFiレンタルサービス

WiFiボックス
WiFiボックス注目3ポイント

● 海外WiFiレンタル料はコスパ最強で最安値

● Wi-Fi環境とモバイルバッテリー一体型ルーターで長時間使用可能

● レンタルと返却は全て非接触で待ち時間無しのストレスフリー

おすすめ2位

業界最多のコンビニ・郵便局・空港受取可能な海外WiFiレンタルサービス

jetfi
jetfi注目3ポイント

● コンビニ・郵便局・空港のどこでも受け取れる

● 格安レンタル料金なのに単国・周遊に対応

● 海外から日本へ1日198円で電話がかけ放題

おすすめ3位

人気急上昇!格安で高速通信の海外WiFiレンタルサービス

WiFiトラベル
WiFiトラベル注目3ポイント

● 格安レンタル料金で変換プラグも無料レンタル

● 国内でも使用可能なので出国前に接続チェック可能

● 中国でのネット利用も規制なしで使える

ABOUT US
ユキ
この記事を執筆したユキです。学生の頃から夏休みや春休みなどの長期休みを利用してバックパッカーとして台湾、フィリピン、韓国などのアジアを旅していた海外旅行大好き人間です。渡航の際に色々な海外WiFiレンタルサービスを利用した経験や、現地の無料WiFiやネット事情の知識を活用して海外WiFi総選挙を運営しています。著者の詳細情報はこちら