コスパ最強!WiFiボックスの口コミと評判とは

WiFiボックス
WiFiボックス注目3ポイント

● 海外WiFiレンタル料はコスパ最強で最安値

● Wi-Fi環境とモバイルバッテリー一体型ルーターで長時間使用可能

● レンタルと返却は全て非接触で待ち時間無しのストレスフリー

サービス名WiFiボックス
会社名株式会社テレコムスクエア
空港の受け渡し
ルーター同時接続5台
申込期限渡航当日
ハワイの費用
(最安値プラン)
390円/日
(4G 500M)
ハワイの費用
(無制限プラン)
990円/日
(無制限)

ざっくり分かる!WiFiボックスのおすすめ詳細3ポイント

WiFiボックスの海外WiFiレンタルサービスの強みをざっくり3つのポイントで紹介していきたいとおもいます。

海外WiFiレンタル料はコスパ最強で最安値

2022年4月1日に開始した最新の海外WiFiレンタルサービス。1日300円からの低価格で世界各地の通信環境に常時接続できます。Wi-Fiルーターは、最大通信速度が下り150Mbps、上り50Mbpsで、最大接続台数は5台です。用途に合わせ通信量は1日あたり500MB、1GB、無制限の3つのプランから選ぶことができます。

Wi-Fi環境とモバイルバッテリー一体型ルーターで長時間使用可能

モバイルバッテリーとしての機能も搭載しており、バッテリー容量は5000mAh。Wi-Fiルーター単体で約12時間の通信が可能なので、1日充電を気にせずWiFi使えます。なお、バッテリー一体型海外WiFiにも関わらずルーターのサイズは142×72×17mmと小型化で重量は186gなので、持ち運びも快適。

レンタルと返却は全て非接触で待ち時間無しのストレスフリー

完全非接触で予約、受取、返却の全てのステップを無人で完了できます。空港に設置された自動販売機型のボックスでルーターがレンタルが出来るようにすることで、申し込みや受け渡し作業を行っていたWi-Fiルーターのレンタルを全て無人で行うことができます。他社の場合は混雑時に空港のカウンターでレンタル手続きに長時間待たされたりするケースがありますが、WiFiボックスなら待ち時間ゼロの完全ストレスフリーで海外WiFiのレンタルが可能です。

どこの空港でWiFiボックスはレンタル出来るかチェック!

いくら安くて使い勝手がいい海外WiFiサービスでも海外旅行や海外出張で渡航する空港で借りられないと郵送のみでのレンタルになるので選択肢が減ってしまいますね。そこで、WiFiボックスがどこの日本の国際空港でレンタル及び返却が可能なのかチェックしましょう!

空港名WiFiボックス
WiFiボックス
新千歳空港×
函館空港×
旭川空港×
仙台空港×
秋田空港×
新潟空港×
青森空港×
福島空港×
成田国際空港
(第1ターミナル)
成田国際空港
(第2ターミナル)
成田国際空港
(第3ターミナル)
東京国際空港×
富山空港×
小松空港×
中部国際空港×
静岡空港×
関西国際空港
広島空港×
岡山空港×
米子空港×
高松空港×
松山空港×
福岡空港×
北九州空港×
大分空港×
熊本空港×
長崎空港×
宮崎空港×
鹿児島空港×
那覇空港×

WiFiボックスの利用者の口コミと評判をチェック

SNSや本サイトに投稿されたWiFIボックスの口コミを紹介します。

本サイトに投稿されたWiFiボックスの口コミ

WiFiボックスの
口コミ

とにかく価格が安いのでWIFiボックスを選びました。旅行先のビーチで使う位なら1日500Mあれば充分でした!通信速度も問題なくYoutubeもスイスイ。バッテリーは要らないのでルーターがもう少しコンパクトになってくれたら嬉しいかな。

WiFiボックスの
口コミ

日本のWiFiルーターと同じ操作で使えるから超簡単。バッテリー付きのルーターだから1日充電しないで使い続けれられるのは良い。海外旅行でツアーを組んじゃうと結構バタバタで充電している暇もないからね。

WiFiボックスの
口コミ

とにかく安いのが魅力。あとタイトな時間で出国する際に空港でルーターを借りる時にカウンターに並ばなくて済むのも良い。そもそもカウンターも出国手続き窓口から遠いし、夏休みに出張が被るとカウンターに並んでルーターを借りるだけで30分は掛かるか。BOX型で自動販売機みたいに借りれるので待ち時間ゼロだとスケジュールが立てやすい。

SNSに投稿されたWiFiボックスの口コミ

WiFiボックスの各データ容量プランの使用目安をチェック

通話・メッセージ系アプリやWEB系アプリ、SNS系アプリ、ゲーム系アプリなど、スマホのアプリの通信量を一覧表にしています。WiFiボックスの各国で選べる各種データ容量のプラン1日「200MBプラン」「300MBプラン」「500MBプラン」「700MBプラン」でどの程度スマホで利用できるかを記載していますので、WiFiボックスのプラン選びの参考にしてください。

通話・メッセージ系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
Eメール
Eメール
40960通/日61440通/日102400通/日143360通/日
LINE通話
LINE通話
333分/日499分/日833分/日1166分/日
LINE通話
LINEトーク(チャット)
40960回/日61440回/日102400回/日143360回/日
LINE通話
LINEビデオ通話
40分/日60分/日100分/日140分/日
SKYPE通話
SKYPE通話
372分/日558分/日931分/日1303分/日

WEB系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
ブラウザ
ブラウザ
867回/日1301回/日2169回/日3036回/日
YouTube
YouTube
95分/日142分/日238分/日333分/日
Google Maps
Google Maps
279回/日419回/日699回/日978回/日

SNS系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
TikTok
TikTok
22分/日33分/日55分/日77分/日
インスタグラム
インスタグラム
16分/日24分/日40分/日56分/日
Facebook
Facebook
40分/日60分/日100分/日140分/日

ゲーム系アプリの参考通信料

 200MBプラン300MBプラン500MBプラン700MBプラン
POKEMON GO
POKEMON GO
499分/日749分/日1249分/日1748分/日
モンスト
モンスト
1000分/日1500分/日2500分/日3500分/日
パズドラ
パズドラ
279回/日419回/日699回/日978回/日

人気渡航先のWiFiボックスのレンタル料をチェック

人気渡航国や地域別WiFiボックスのレンタル価格が下記からチェックできます。あなたの渡航先でWiFiボックスをレンタルすることが本当に最適なのかをチェックしましょう。

渡航先500MB1GB無制限他社比較
ハワイ390円/日690円/日990円/日ハワイのWiFi
費用を比較
グアム×××グアムのWiFi
費用を比較
アメリカ390円/日690円/日990円/日アメリカのWiFi
費用を比較
台湾300円/日690円/日990円/日台湾のWiFi
費用を比較
韓国390円/日690円/日990円/日韓国のWiFi
費用を比較
中国790円/日990円/日1,190円/日中国のWiFi
費用を比較
香港390円/日690円/日990円/日香港のWiFi
費用を比較
タイ390円/日690円/日990円/日タイのWiFi
費用を比較
フィリピン490円/日890円/日1,090円/日フィリピンのWiFi
費用を比較
オーストラリア590円/日990円/日1,290円/日オーストラリアのWiFi費用を比較
シンガポール490円/日890円/日1,090円/日シンガポールのWiFiを比較
インド790円/日1,290円/日1,490円/日インドの
WiFiを比較
ベトナム390円/日690円/日990円/日ベトナムの
WiFiを比較

おすすめ格安海外WiFiレンタルTOP3

おすすめ1位

驚くほどに低価格に、驚くほどに簡単な海外WiFiレンタルサービス

WiFiボックス
WiFiボックス注目3ポイント

● 海外WiFiレンタル料はコスパ最強で最安値

● Wi-Fi環境とモバイルバッテリー一体型ルーターで長時間使用可能

● レンタルと返却は全て非接触で待ち時間無しのストレスフリー

おすすめ2位

業界最多のコンビニ・郵便局・空港受取可能な海外WiFiレンタルサービス

jetfi
jetfi注目3ポイント

● コンビニ・郵便局・空港のどこでも受け取れる

● 格安レンタル料金なのに単国・周遊に対応

● 海外から日本へ1日198円で電話がかけ放題

おすすめ3位

人気急上昇!格安で高速通信の海外WiFiレンタルサービス

WiFiトラベル
WiFiトラベル注目3ポイント

● 格安レンタル料金で変換プラグも無料レンタル

● 国内でも使用可能なので出国前に接続チェック可能

● 中国でのネット利用も規制なしで使える

ABOUT US
ユキ
この記事を執筆したユキです。学生の頃から夏休みや春休みなどの長期休みを利用してバックパッカーとして台湾、フィリピン、韓国などのアジアを旅していた海外旅行大好き人間です。渡航の際に色々な海外WiFiレンタルサービスを利用した経験や、現地の無料WiFiやネット事情の知識を活用して海外WiFi総選挙を運営しています。著者の詳細情報はこちら