人気の海外WiFiレンタルサービスを徹底比較

総合比較人気ランキング
イモトのWiFi(グローバルデータ)
イモトのWiFi(グローバルデータ)公式サイト
ユーザー満足度No.1 絶対満足の海外WiFiサービス
「世界の果てまでイッテQ!」で世界中を飛び回りマッキンリーの登頂にも成功したイモトがオススメする海外WiFiレンタルサービスが、グローバルデータ社の「イモトのWiFi」です。日本でWiFiという言葉が定着するかなり前から、海外渡航者向けの海外ネット使い放題サービスを提供しており、正に海外WiFiレンタルサービスの老舗といえます。格安で海外渡航者に安定したネット回線を提供し、日本と同じような通信速度でストレスなく海外でインターネットが使えます。また、サポートは24時間365日対応で初めて海外WiFiルーターをレンタルする人はまず「イモトのWiFi」を借りておけば間違いないでしょう。
ユーザー満足度
No.1 リピーター続出中!
WiFi対応国数
世界175ヶ国以上に対応
電話サポート
24時間365日 日本語対応可能
グアムのレンタル料金
980円/日
台湾のレンタル料金
680円/日
ハワイのレンタル料金
980円/日
韓国のレンタル料金
680円/日
アメリカのレンタル料金
980円/日
エクスモバイル
エクスモバイル公式サイト
業界最安値の海外WiFiサービス
徹底的にレンタル料の安さを追求したサービスがエクスモバイル株式会社の「エクスモバイル」です。その為、お金の無い学生やバックパッカーに支持されています。海外170ヶ国以上で利用出来るサービスを展開しており、日本と変わらない4G/LTEの高速インターネットに対応したルーターを提供しています。なお、公式サイトではレンタル料金シミュレーションを搭載しており、渡航先と渡航スケジュールを入力すると見積もりが算出され、簡単にレンタル料金を把握することが出来ます。海外WiFiレンタル業界の後発サービスだからこそ出来る満足度の高いサービスを展開しています。
ユーザー満足度
No.2 新規ユーザー増加中!
WiFi対応国数
世界170ヶ国以上に対応
電話サポート
平日9:30~18:00 土:12:00~18:00(日/祝は定休)
グアムのレンタル料金
750円/日
台湾のレンタル料金
650円/日
ハワイのレンタル料金
850円/日
韓国のレンタル料金
650円/日
アメリカのレンタル料金
850円/日
グローバルWiFiの口コミと評判
グローバルWiFi公式サイト
世界200ヶ国以上に対応 業界No,1のエリアカバー数
世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外用WiFiレンタルサービスがビジョン社が提供する「グローバルWiFi」です。海外のネット通信には日本と同様の4G-LTEを採用し、ストレスの無いネット環境を提供しています。また、海外の支店も多く、他社サービスは日本の空港で海外WiFi専用ルーターの受け取り返却を行いますが、グローバルWiFiではハワイ、韓国、台湾では現地の空港で海外WiFi専用ルーターを受け取ることが可能な唯一のサービスです。また「早割キャンペーン」など時期に合わせてユーザーに嬉しい割引プランを頻繁に実施しており、タイミングが合えば格安で海外WiFiのレンタルも可能になります。
ユーザー満足度
No.3 在庫が豊富!
WiFi対応国数
世界200ヶ国以上に対応
電話サポート
24時間365日 日本語対応可能
グアムのレンタル料金
1,170円/日
台湾のレンタル料金
870円/日
ハワイのレンタル料金
1,170円/日
韓国のレンタル料金
870円/日
アメリカのレンタル料金
1,170円/日
U.S.データ(アメリカ専用WiFi)の口コミと評判
U.S.データ公式サイト
【アメリカ本土限定WiFi】楽天決済OK!楽天ポイントも貯まる!
U.S.データはアメリカ本土限定で利用できる海外WiFiレンタルサービスです。アメリカ本土に渡航される方にオススメです。他社と大きく異なる点は、決済方法に楽天の決済システムを導入している点です。楽天ポイントを使うことや、貯めることも出来るので、楽天ユーザーにはオススメです。また、WiFiルーターは5台同時接続が限界のサービスが多いですが、U.S.データはアメリカVERIZON社のJetPack MHS291Lを使用し10台同時接続が可能な点も大きな魅力です。大人数の卒業旅行や海外出張などで利用すると、一人あたま1日100円にも満たない超格安でWiFiを利用することが出来ます。
ユーザー満足度
アメリカ渡航者の人気急上昇中!
WiFi対応国数
1ヶ国(アメリカ本土限定)
電話サポート
平日10:00~18:00 (日本時間)
グアムのレンタル料金
未対応エリア
台湾のレンタル料金
未対応エリア
ハワイのレンタル料金
未対応エリア
韓国のレンタル料金
未対応エリア
アメリカのレンタル料金
880円/日
アロハデータ(ハワイ専用WiFi)の口コミと評判
アロハデータ公式サイト
【ハワイ専用WiFi】楽天決済OK!楽天ポイントも貯まる!
アロハデータはハワイ限定で利用できる海外WiFiレンタルサービスです。ハワイに渡航される方にオススメです。他社と大きく異なる点は、決済方法に楽天の決済システムを導入している点です。楽天ポイントを使うことや、貯めることも出来るので、楽天ユーザーにはオススメです。また、ルーターは5台同時接続が限界のサービスが多いですが、アロハデータはアメリカVERIZON社のJetPack MHS291Lを使用し10台同時接続が可能な点も大きな魅力です。10台同時接続が可能な点も大きな魅力です。大人数の卒業旅行や海外出張などで利用すると、一人あたま1日100円にも満たない超格安でWiFiを利用することが出来ます。
ユーザー満足度
ハワイ渡航者の人気急上昇中!
WiFi対応国数
1ヶ国(ハワイ限定)
電話サポート
平日10:00~18:00 (日本時間)
グアムのレンタル料金
未対応エリア
台湾のレンタル料金
未対応エリア
ハワイのレンタル料金
880円/日
韓国のレンタル料金
未対応エリア
アメリカのレンタル料金
未対応エリア
韓国データ(韓国専用WiFi)の口コミと評判
韓国データ公式サイト
【韓国専用WiFi】楽天決済OK!楽天ポイントも貯まる!
韓国データはハワイ限定で利用できる海外WiFiレンタルサービスです。韓国に渡航される方にオススメです。他社と大きく異なる点は、決済方法に楽天の決済システムを導入している点です。楽天ポイントを使うことや、貯めることも出来るので、楽天ユーザーにはオススメです。また、ルーターは5台同時接続が限界のサービスが多いですが、韓国データは韓国LG社のU+を利用することで10台同時接続が可能な点も大きな魅力です。大人数の卒業旅行や海外出張などで利用すると、一人あたま1日100円にも満たない超格安でWiFiを利用することが出来ます。
ユーザー満足度
韓国渡航者の人気急上昇中!
WiFi対応国数
1ヶ国(韓国限定)
電話サポート
平日10:00~18:00 (日本時間)
グアムのレンタル料金
未対応エリア
台湾のレンタル料金
未対応エリア
ハワイのレンタル料金
未対応エリア
韓国のレンタル料金
690円/日
アメリカのレンタル料金
未対応エリア
どこの空港から海外へ渡航する?空港から選ぶ海外WiFi
どこの空港から海外へ渡航する?空港から選ぶ海外WiFi

国際線に乗れる空港は日本は実は数が非常に多く、特に韓国を含む近隣アジア諸国は主要国際空港以外の空港でも渡航する線が発着しています。いざ海外WiFiを借りても空港での受け渡しサービスを実施していなければ意味がありません。渡航先の空港で海外WiFiの受け渡しをしているか事前チェックしましょう。

初めて海外WiFiレンタル利用する人へ 良くあるQ%A
初めて海外WiFiレンタル利用する人へ 良くあるQ%A

「WiFiって電話出来るの?」「1個のWiFiルーターで何人まで同時につかえるの?」など誰もが初めて海外WiFiを借りる際に思う素朴な疑問と回答を紹介してります。

海外で使える無料WiFiスポットのリスクとは
海外で使える無料WiFiスポットのリスクとは

海外では無料フリーWiFiスポットがあるから、海外WiFiレンタルサービスは要らないでしょ!?そんな気軽に使えるフリーWiFiスポットのリスクに迫る

レンタルする際に海外WiFiで注意しておきたいこと
レンタルする際に海外WiFiで注意しておきたいこと

渡航国が決まればあとは海外WiFiレンタルサービスをどこにするかを決めるだけです。基本的には「価格」が重要になるのですが、その他にもレンタルの際に念のためにチェックしておきたい項目を紹介します。

海外WiFiレンタルとはどんなサービス?

海外でインターネット使い放題!

日本でスマホやタブレットで日常的にで使っている「メール」「インターネット」「Googleマップ」「LINE」だけでなく、生活と共にあるSNS「Twitter」「MIXI」「Facebook」「Instagram」などは全てインターネット回線を経由して通信を行っており、いわゆる通話だけの電話回線とは異なる通信回線を利用しています。なお、日本では携帯電話料金に「パケット定額制」が大半のプランで含まれている為、いくらインターネット回線を使っても一定の料金を毎月支払うだけで、高額な携帯使用料金を請求されるということはまずありません。

しかし、日本で使用している携帯電話やスマホ、タブレットを海外にそのまま持ち込み、日本と同じ感覚で現地で「メール」「インターネット」「Googleマップ」「LINE」「Twitter」「MIXI」「Facebook」「Instagram」を使うと多額の金額を請求される大参事に繋がってしまいます。何故かというと、海外では勿論日本の携帯キャリア(ドコモ・ソフトバンク・AU)などの回線は対応していないので、代わりに現地の携帯電話会社を経由してインターネット回線を利用するいわゆるローミングという通信に切り替わります。それに伴い、日本では使い放題だったネット回線の料金体系が、いわゆる使えば使うほどお金が掛かる「従量課金制」に切り替わります。そうなると日本の定額制とは異なり、使えば使う程どんどん使用料金が無制限に跳ね上がっていくという事態になります。

実際にローミングで高額請求が発生したケースをご紹介すると、日本で使用しているソフトバンクのiPHONEを海外旅行先のハワイにそのまま持っていき、日本と同じようにインターネット回線を使用したところ、帰国後にソフトバンクから100万円近い携帯料金を請求されたトラブルも発生しました。こうした携帯の高額請求を「パケ死」「パケット死」いう名前が付けられ、テレビや新聞にも取り上げられ大きな社会問題にもなりました。なお、高額請求された人はカスターセンターに問い合わせたものの、請求額が減額されることは無かったようです。

近年では、スマートフォンやタブレットの急速な普及と、ネット回線を利用する「Twitter」「MIXI」「Facebook」「Instagram」ユーザーの増加により今まで以上にスマートフォンが手放せない世の中となってきました。また、LCCなどの格安航空会社が参入してきて海外旅行がより気軽に行けるようになったこともあり、ビジネスマンに限らず海外でスマートフォンを利用する機会が増えてきています。それに伴い「パケット死」「パケ死」の問題が多発していることから、ドコモやAU、ソフトバンクなど主要携帯電話会社が、日本で使っている携帯をそのまま海外旅行先でも定額で安心して使える「海外用の定額プラン」を開始しましたが、事前の事務手続きや1日で3,000円近くの費用が掛かるなど、まだまだ自分の携帯を海外にそのまま持ち込んで、日本と同じように手軽にネットやSNSを利用出来ないのが現状です。

そこで活用出来るのが、海外WiFiレンタルサービスです。

人気の渡航先であれば1日500円~1,000円で海外でも日本と同様に「メール」「インターネット」「GoogleMAP」「LINE」「Twitter」などのサービスが使い放題になります!ただ、E-mobileやWimaxのような専用のルーターをレンタルする必要がありますが、レンタルする手間に関しては、事前にレンタルの予約をしておけば、出国する空港の専用カウンターでルーターを借りることが出来るので、手間はほとんど掛かりません。そしてルーターの返却も同様に空港のカウンターで出来ます。また、事前に海外WiFiレンタル会社からデバイスを郵送で自宅に送ってもらうことも可能です。また、海外でネット回線を利用する際には手元に必ずそのルーターを置いておかなければなりませんは、ルーター自体は軽量で荷物もかさばる心配も無く、バッテリーもバッテリーパックがあれば余裕で1日充電無しに利用することが出来ます。しかも設定や操作は超簡単。 今や「海外WiFiレンタルサービス」は海外旅行の必需品になりつつあります。

なお、海外WiFiレンタルサービスはパケット定額制で海外でも自由にデータ通信を行えるようになります。エリアによって金額は異なりますが大体1日500~1000円前後で利用でき、長期プランなども用意してあって利用用途に応じて契約を自由に変えられるようになっています。通信もLTEに対応しており高速通信が可能であったり、容量も3G以上と大容量のプランも多いので、意外とデータ量がかさむFacebookやInstagramなどの写真や動画投稿型SNSも日本にいる時と同じような感覚で利用できるのが大きな魅力です。

海外の楽しい思い出をSNSで共有したい!初めていく場所だからGoogleマップは必須!友達とはぐれない為にもLINEは使えるようにしておきたい!などなどの要望を全て海外WiFiレンタルサービスで解決することが出来る優れたサービスです。
 

海外WiFiレンタルサービスはどうやって比較して選べばいいの?

現在ではいくつもの海外WiFiレンタルサービスを行っている会社があり、「正直どれを選べばいいの?」というのがユーザーからすると正直で率直な感想かもしれません。そこで海外WiFiサービスを比較し、自分にマッチしたサービスを選ぶ上で大事なポイントを海外WiFi総選挙では紹介をしていきます。

ポイント1:海外旅行の渡航先で海外WiFiが対応しているかをチェック

基本的に日本人が良く行く海外渡航先であれば基本的にはどの海外WiFiレンタルサービスも対応していますが、日本人にはあまり馴染みのない渡航先や島国などに渡航する際には、しっかりと渡航先のエリアが対応しているかをチェックしましょう。また国自体がWiFiエリアに対応していても市街地のみの可能性もありますので、自分の行動計画やルートを確認した上でしっかりと海外WiFiが対応しているかをチェックしましょう。

ポイント2:1日のレンタル価格で比較することです。

各サービスの1日のレンタル価格だけで比較してしまうと、数十円から数百円の違いしかありません(比較的人気のハワイやアジアなどの海外旅行先の場合)。その為、短期旅行や短期出張であればそこまで大きな価格の差にはなりません。しかし、1週間~1ヵ月などの長期の旅行や出張になると、各社のレンタル価格に数千円~数万円の費用差が出てきます。また海外で日常茶飯事といってもいい、頻発する盗難の保障プランも加入することを考えると、軽く万単位の価格の差額が出ることもしばしばです。各社のサイトでは見積もりが取れるようになっていますので、渡航期間と渡航先をしっかりと入力した上で、レンタル価格を比較し、財布の負担にならない海外WiFiレンタルサービスを選びましょう。

ポイント3:利用者の口コミで比較することです。

自分が海外WiFiをレンタルをした経験からお話すると、いざ海外で海外WiFiを使おうとしたら「地下だと繋がらない」「都市エリアを離れたら電波が急に弱くなった」「建物に入ると断続的に電波が切れる」などのケースは非常に多くあります。また、そういったネット回線の不具合やトラブルの際の電話サポートも、きちんと海外WiFiの使用方法やトラブル解決を熟知したサポート窓口が対応する会社もあれば、全く仕様を理解していない素人がサポート窓口で対応して一向にトラブルが解決しないといったケースもあります。正直会社によってサービス品質が異なるという現状があります。その為、最も一番信頼できる情報は、実際に海外WiFiレンタルサービスを利用したユーザーの口コミや評価です。それをしっかりと調べて比較することが重要になります。

ポイント4:WiFiの通信速度で比較することです。

せっかく海外WiFIをレンタルしても、通信速度が遅くて使いたい時に使えなかったら、そもそも持っていくだけムダですよね。なお通信法式には「3G回線」や「LTE回線」など専門的な用語が多く使われているので簡単に紹介していきます。

<3G回線とは>
3G(3rd Generation)は、第3世代の携帯電話方式の総称です。通信速度は「下り最大14.4Mbps 上り最大5.76Mbps」です。

<LTE回線とは>
3Gを「長期的に進化」(Long Term Evolution)させたもの略称で、3.9G世代(3.9 Generation)とも呼ばれてます。通信速度は「下り最大50Mbps、上り最大25Mbps」です。

<4G回線とは>
4G(4rd Generation)は、、第4世代の携帯電話方式の総称です。通信速度は「下り最大187.5Mbps、上り最大37.5Mbps」です。

※上がりとは・・・メールを送信するときなど、パソコンからインターネットへデータを送るときの速度。
※下がりとは・・・ホームページを見るときなど、インターネットの情報(じょうほう)をパソコンで見るときの速度。
※サービスや使用環境によって異なるので参考までの数値としてみて下さい。

こう見ると回線速度は「3G回線<LTE回線<4G回線」の順に高速なことが分かりますので、可能であれば4G回線のサービスを利用したいですね。しかし、回線が早くなるプランにつれて、サービスによっては価格が高くなるので、お財布と相談して比較して決めましょう。なお、LTE回線であれば、ほぼ日本と同様にネットを使えますので、必ず4G回線を使わないとインターネットを楽しめない訳ではないので、安心して下さい。

実際に海外WiFiを借りたユーザーの口コミを参考に、様々なサービスを比較し、自分のニーズにマッチした海外WiFiレンタルサービスをこのサイトで選んで下さい!
 

ローミング通信や現地SIMカード通信と海外WiFi通信の比較

海外でスマホや携帯を利用する際に真っ先に思い浮かぶのがSIMロックフリー機を使って現地でSIMを購入する方法だと思いますが、それにかえてオススメなのが現地のWiFiを利用することです。WiFiは国内や自宅で利用しているという方も多いですが、海外でも無料、有料合わせて多数のWiFiがあります。

しかも、旅行者が多いところには大抵用意される時代になっています。しかし、現地のWiFiを利用するのは面倒ですし、キャリアが用意しているローミングにするという方も多いのですが、ローミングとの違いはデータ通信に制限が無いことです。ローミングであれ、現地でSIMを購入するにしてもデータ通信には残念ながら通信量の制限があります。

しかし、海外WIFIレンタルサービスは使い放題のサービスも多く、また通信速度面で気になるなら定額で使い放題のプランもあります。その為、格安で大量の通信をするなら海外WiFiレンタルサービスの利用は必須ともいえます。

また、スマホや海外WiFiルーターなどは高級品ですから、盗難の恐れもあります。そこで利用したいのが紛失時に全額補償してくれる安心パックです。海外旅行だからスマホの使用を我慢するではなく、旅行だからこそ、スマホを活用して旅の思い出をしっかり残したいものです。

誰でも分かる!海外WiFiのiPhoneの設定方法
誰でも分かる!海外WiFiのiPhoneの設定方法

「海外WiFiって何か専門的で難しそう」「結局借りても使えなきゃ意味ない」そんな不安がある方でも安心して使えるのが海外WiFiです。普段のiPhone操作が出来ていれば誰も直ぐに使えます。

海外旅行の思い出がだいなし!パケ死が招く高額請求
海外旅行の思い出がだいなし!パケ死が招く高額請求

海外WiFiを使わずに、普段通りに海外で携帯電話を使うと、ローミング通信により日本と比べて有り得ない程の高額な通話料が掛かり、これがいわゆる「パケ死」です。まずは、「パケ死」を知れば海外WiFiは海外旅行の必須アイテムという事が分かるはずです。

海外WiFiレンタルサービスを実際に利用したユーザーの口コミ

海外WiFiレンタルサービスの口コミ
海外出張:ベトナム サラリーマン H.Aさん(男性)の口コミ 2015年5月頃に利用

海外旅行中でも日本にる家族や友達とLINEやスカイプで連絡を取り合ったりすることが多い私は、やはり滞在先でもネット回線がないと、とても不便に感じます。スタバなどのカフェやデパートなど、最近はどこでも無料WiFiが飛んでますが、滞在先のホテルでロビーはあるけど、部屋は有線LANしかないという場合もあります。一応、滞在先を探すときはWiFiがあるか?ということが大切になります。夜にゆっくり部屋でFacebookに投稿したり友達とLINEしたりできるのはポイント高いです。最近旅行した際、ロビーはWiFiがあるが部屋はなかったので、レンタルWiFiを持って旅行しました。 旅行中、特に移動中などにいつでもWiFiが繋がっていたので、列車やバスの時間や地図を探す時にとても便利でした。利用したグローバルWiFiはこちら

海外WiFiレンタルサービスの口コミ
海外旅行:インド 学生 H.Aさん(女性)の口コミ 2015年8月頃に利用

2015年の秋から冬にかけて一人旅でインドを三カ月かけて一周した際に、WiFiが本当に役に立ちました。iPhoneで接続して利用したのですが、トリップアドバイザーで美味しいレストランの口コミを調べる、道に迷ったときにGoogleマップで現在位置を取得する、無料通話のSkypeで家族や友人と連絡を取る、といった三点は快適な旅を続けるために欠かせないものでした。一番便利だったのはWeb上でインド国内の列車の時間を調べたり予約ができたりしたことです。現地の鉄道駅で予約しようとすると現地語がわからずトラブルの元となったり、旅行代理店に行くと割高なチケットを購入しなければならないなどのストレスがあったので、WiFi接続で24時間いつでも自力で可能なのはありがたかったです。利用したイモトのWiFiはこちら

海外WiFiレンタルサービスの口コミ
海外旅行:フランス・イギリス・ドバイ 学生 R.Aさん(女性)の口コミ 2015年10月頃に利用

今年の3月に新婚旅行で2週間程海外に渡航しました。場所はフランス・イギリス・ドバイの3か国です。私は英語がめっきりダメだし、主人もある程度聞き取れるくらいで、日常会話ができるわけではないので、何かあった時のためにスマホで色々調べられるようにと、Wi-Fiレンタルを利用しました。町を歩くときや、行きたいお店がある時は、海外先でもグーグルマップを使用して迷うことなく目的地にたどり着くことができました。地図を見ても分かりづらい場所も多かったので、かなり役に立ちました。イギリスでフィッシュアンドチップスを注文する時も、魚の種類が色々書かれていて、どれが何の魚かわからなかったので、すぐに調べてスムーズに注文ができました。(笑) 外に出る時はWi-Fiを繋いでいたことの方が多かったです。2週間の渡航でしたが、Wi-FiのON・OFFをこまめにしていれば、容量も十分持ちました。利用したエクスモバイルのWiFiはこちら
 

海外WiFi総選挙とは

海外WiFi総選挙の管理人紹介

学生の頃から夏休みや春休みなどの長期休みを利用してバックパッカーとして台湾、フィリピン、韓国などのアジアを旅していた海外旅行大好き人間です。

その後に就職してから商社に勤めたこともあって、学生時代以上に世界中を飛び回ることになりました。当時は海外のホテルの専用WiFiも利用料が高いし、回線は遅く、時間によって回線が途切れるなど日本とは比べ物にならないほどのネット環境でした。そんな、海外に行ったらロクにインターネットが使えない状況が、5年前位から海外WiFiレンタルサービスが始まり、一気に海外でのネット環境は一変していったことを覚えています。

何と言ってもカフェや道端で好きな時もネットが使え、とにかく回線が安定していて、現地で使っていたネット回線と比べられない程に快適で、自分にとって海外WiFiレンタルサービスは海外旅行には手放せない必需品となりました。

値段が安いもののネット回線の質が悪く繋がり辛く、電話サポートが適当なサービスもあれば、値段が高くてもサポート体制が万全で、安定的なネット環境を提供してくれるサービスがあるなど、日本の海外WiFiレンタルサービスを殆ど使った経験のある私から各サービスのメリット・デメリットを比較し、海外WiFi総選挙を通じて皆さんに最適なサービスを選んで頂ければと思います。
ユーザー満足度ランキング
イモトのWiFi(グローバルデータ)
イモトのWiFi(グローバルデータ)公式サイト
顧客満足No.1の人気海外WiFiレンタルサービス
エクスモバイル
エクスモバイル公式サイト
学生に人気の格安の海外WiFiレンタルサービス
グローバルWiFiの口コミと評判
グローバルWiFi公式サイト
世界最大カーバー率の海外WiFiレンタルサービス
海外専用SIMカード
海外専用SIMカード

SIMフリー端末をお持ちなら、モベルの海外専用SIMカードがお得。1,998円のSIMを買うだけで、一生涯基本料金0円で海外で使った分だけ後払い。海外でネットだけでなく通話もしたい方にはおススメのプランです。