1. ホーム
  2. 海外WiFi基礎知識
  3. ≫海外で無料WiFiフリースポットを利用する際のリスク

海外で無料WiFiフリースポットを利用する際のリスク

フリーWiFiスポット

海外に旅行などで訪れた場合に必ず問題となるのがインターネットなどのデータ通信の問題です。現在では日本で購入したスマホやタブレットをそのまま海外に持って行っても、問題なくデータ通信が可能になるのですが、日本国内とは違いデータ通信料金が非常に高いためほんのわずかな通信であっても驚くような請求金額が来る可能性もあります。その為海外でスマホなどを利用する際に便利になるのがフリースポットと呼ばれる無料でwifiが利用できるスポット(場所)です。

日本ではスターバックスが無料のWiFiスポットを提供していることで有名ですが、実は海外では日本以上に一般的に普及していて、レストランやホテル、公共施設のみならず個人の飲食店などにも広く無料WiFiスポットを提供しています。

海外でそれらを上手に利用することによりデータ通信を行う際にお金をかけずにインターネットなどの利用が可能になります。

しかし海外のフリースポット利用に関しては、日本国内のように気軽に利用すると、自分のスマホ内のデータや最悪アイパスなどを盗まれるといった被害に遭ってしまうことも少なくないため、フリースポットの利用には非常に注意が必要となります。

個人のデータなら未だしも会社のデータをWiFi経由で盗まれると大きな被害が及ぶ為、特にビジネスマンは海外の無料のWiFiスポットに安易に接続するのは控えた方が良いでしょう。

WiFiのフリースポットと言ってもその中には通信が暗号化されていないフリースポットも数多く存在しており、そのようなフリースポットを使用した場合通信を勝手に傍受されてしまい知らない間にクレジットカード番号などの重要なデータなどを抜き取られてしまう恐れがあります。

暗号化されていない通信というのは、いわば鍵をかけていない家のドアのようなものですので、誰でも簡単にその通信にアクセスできてしまうと言う非常に危険な状態でデータ通信を行っていることになるわけです。しかもそのようなフリースポットの場合、利用することでウィルスを仕掛けられてしまう可能性もありますので、暗号化されていないフリースポットに関しては危険であるとの認識を持つ必要があるでしょう。

なお、WEPと呼ばれる暗号形式で通信するフリースポットの利用に関しては利用すべきではないということが言えます。何故WEPで通信するフリースポットが危険なのかと言えば、暗号化はされていますがWEPには様々な脆弱性やセキュリティの穴が見つかっており、暗号化されていても全く安全ではない通信形式であるということが言えるためです。その為暗号化のマークが出ていたとしても、WEPでの通信である限り海外でのフリースポット利用は危険を伴うことになります。

IDやパスワードを入力する形式のフリースポットも危険で、外部からそのIDやパスワードを傍受できる状態であれば、そのIDやパスワードは一切意味をなさないと言うことになります。ではどのようなフリースポットであれば安全なのかと言えば、現在最も安全にデータ通信が出来るのはWPA2-PSKとAESとなっており、このWPA2-PSKやAESを採用しているフリースポットであれば安全に使用することが出来るでしょう。

現在日本でもこのWPA2-PSKが主流となっていますので、その安全性に関しては非常に信頼が置けるものと言えます。AESに関してもアメリカ合衆国が利用してるほど強固な暗号化が可能なものですので、これを採用しているフリースポットに関しては安全だと言えます。注意しなければいけないのは、WPA2-PSKとよく似たWPA-PSKという通信形式がありますが、こちらに関しては脆弱性が見つかっているため安全性の確保が完ぺきではありませんので、フリースポットの通信形式をよく確認してから接続を行う必要があるでしょう。

海外のフリースポットに関しては、とりあえずすぐには接続しないことが身を守るためには必要ですので、まずは通信形式を確認して安全性を確かめたうえで接続するようにしましょう。

また、海外旅行客を狙って意図的にデータを盗むためにWiFiのフリースポットを提供している悪質なケースもあり、その場合には接続した段階でデータが抜かれる可能性があります。
 

ユキ

スマホを無くせば気が付けるけど、データが盗まれると自覚症状が無いのは恐怖。最近のスマホだとクレジットカードなどの重要な個人情報、またECサイトのIDやパスワードなどとても重要な情報を管理するようになったから、無暗に海外でWiFiのフリースポットの利用は控えた方が無難かも!

シェアをお願いします。

空港別に海外WiFiの受取場所や営業時間など詳細を比較

おすすめ格安海外WiFiレンタル総合満足度比較ランキング

女性に人気の24時間サポートの格安海外Wi-Fi
Wi-Ho!(ワイホー)
5
運営会社株式会社テレコムスクエア
対応エリア数218ヵ国
Wi-Fiレンタル料390円~/日
空港での受け渡し対応可能
Wi-Ho!(ワイホー)
イモトのWi-Fi
イモトが宣伝部長を務める海外Wi-Fi
イモトのWi-Fi
4
運営会社エクスコムグローバル株式会社
対応エリア数210ヵ国
Wi-Fiレンタル料680円~/日
空港での受け渡し対応可能
グローバルWiFi
最短10秒 空港の専用ロッカーでレンタル可能
グローバルWiFi
3
運営会社株式会社ビジョン
対応エリア数253ヵ国
Wi-Fiレンタル料670円~/日
空港での受け渡し対応可能
4
エクスモバイルWiFi
エクスモバイルWiFi
3
運営会社エクスモバイル株式会社
対応エリア数179ヵ国
Wi-Fiレンタル料550円~/日
空港での受け渡し一部可能

本サイトで比較掲載している海外WiFiレンタルサービス一覧

海外WiFi総選挙で掲載している格安の海外WiFiレンタルサービスの一覧を掲載しています。これらのサービスから世界各国の国別にどのサービスが最も格安でコスパに優れているかを比較して紹介しています。

世界各国対応のWiFi通信量制限有サービス

1つのサービスで世界各国に対応している格安の海外WiFiレンタルサービスです。基本的に1日のデータ通信量に制限があります。

1各国限定のWiFi使い放題サービス

1つのサービスで1各国のみ対応している格安の海外WiFiレンタルサービスです。基本的に1日のデータ通信量の制限がなく使い放題のプランを選択することができます。